歯科

顎関節症の専門医に相談しよう|症状別にみる治療のいろは

顎の関節の治療

案内

顎の関節の治療のメリット

顎関節症になると、口を動かすと顎がカクカクと鳴ってしまい、明瞭に発音することが困難になる。食べ物を噛むたびに顎が鳴るので、食事をする時も非常に気になってしまう。顎関節症の治療は、口腔外科の診療科目がある歯科医院で治療が受けられる。口腔外科の診療科目は総合病院にもあるケースが多く、総合病院でも顎関節症の治療を受けることができる。口腔外科には口腔の専門医が在籍しており、顎関節症などの口腔内の症状を治すことができる。口腔外科で顎関節症の治療を受けると、口を動かしても顎が鳴ることはなくなる。口腔外科の専門医は親知らずの抜歯も得意としており、一般の歯科医院では抜歯できなかった親知らずを抜くことも可能である。

顎の関節の治療の注意点

顎関節症の治療は、一般の歯科医院では治療することができないので注意を要する。顎関節症は口腔外科で治療することができ、口腔の専門医による治療が受けられる。顎関節症になると口を開けにくくなるが、親知らずの炎症によっても口を開けにくくなる。口を開けると痛みが発生する症状は、顎関節が骨折している可能性があるので、速やかに口腔外科で治療を受けることが必要である。口腔外科の専門医は、顎関節症や親知らずの抜歯、顎関節の骨折や脱臼などのあらゆる口腔内の症状を治療することができる。ほとんどの治療は保険診療の対象になるので、安価な費用で口腔内の症状を改善できる。口腔外科では、認知行動療法や物理療法、スプリント療法などで顎関節症の治療を行う。どの治療法を採用するかはカウンセリング時の話し合いで決定される。希望する治療法がある場合には、カウンセリング時に医師にきちんと申し述べることが必要である。